綸子地の花襦袢です

この襦袢は、あまりに柄が鮮やかで綺麗なのに、襦袢に仕立てたのがもったいないようです。よく見ますと、柄と柄の間に白い線が入り、その間隔が規則的で、しかもすべて模様と色使いが違ってます。衿の部分に文字が入り「梅屋之」と読めます。もしかして柄見本の反物かと想像もでき、洋花の百合・薔薇と木蓮・桜・橘・牡丹・椿なども実写的に描かれ、着物だったら面白かったでしょうね。

まだコメントはありません。
31486