一閑張りに凝ってます

丸に、角に、八角、蓋付き、カゴはもちろん見るもの、手に取るもの何にでも貼ってます。江戸時代の手鏡を入れる丸い、蓋付きの形には「日出処天子」より「日没処天子」への古文書を張りました。それぞれ違う和紙を選んで貼り方を考え、柿渋を塗り出来上がるとうれしくてまた違う物に貼りたくなります。明治時代の岡持ち(食品を入れる木箱)は自分で誉めたくなり、見せてましたらビラビラ簪を入れるのにピッタリとの話しで、使用時は貸すことになりました。マイブームはまだまだ続きます。

まだコメントはありません。
31486