日本きもの文化美術館

財団法人日本きもの文化美術館について

当館は、江戸時代~昭和初期のきものを展示しております。
常設展は、人気の高い振袖を中心に展示しております。
企画展は、各種テーマに沿った展示で、年に3度テーマを変更し、展示品を入れ替えます。
きものは常時約60点、くし・かんざし等装飾品類は、常時約500点を展示しております。
また、希少な花魁道中着を複数展示する美術館は、当館のみです。
昭和の婦人誌やポスターなども多数展示しており、江戸~昭和の文化を感じて頂けます。

※画像は展示室の様子ですが、現在の展示とは異なります。
現在の展示については、企画展をご覧ください。

花魁道中着

黒繻子地鳳凰に松模様打掛(明治時代)
黒繻子地鳳凰に松模様打掛(明治時代)

黒繻子地鳳凰に松模様打掛(明治時代)

黒繻子地紅葉に孔雀の羽模様打掛(明治時代)
黒繻子地紅葉に孔雀の羽模様打掛(明治時代)

黒繻子地紅葉に孔雀の羽模様打掛(明治時代)

紺繻子地近江八景模様打掛(江戸~明治初期)
紺繻子地近江八景模様打掛(江戸~明治初期)

紺繻子地近江八景模様打掛(江戸~明治初期)

花魁道中着
花魁道中着

花魁道中着